カンビールノート

毎日むずかしくてむずかしくて本当にたのしい

日々の労働


株主ときみの細かいまばたきを同じ心でわたしは愛する


「あんなもの絶対入れない」くせっけの上司が憎む納豆のからし


ばあさんと野菜を家まで届け終え西日を背負って八百屋へ帰る